2010年08月17日

第3回 ハギレを使った試作会と何故か餃子パーティ

開催日時 2010年08月08日(11:00 〜17:00)
開催場所 ウィルあいち
参加人数 7名

今回は 試作会の前に 同じところにある料理スタジオを借りて、
餃子パーティ を企画してみました。
餃子をみんなで包みつつ、出店についての
案を練るつもりでしたが、
スタートが遅くて 出来た餃子120個+余った具で作ったハンバーグ4個を
20分で詰め込み、10分で片付け
ざっくりと作ったわりには、なかんか美味でした。
gyouza.jpg
gyouza2.jpg
そして、次は試作会の会場へ移動。
主に販売もののアイテムの案を練って、
そのほか 前回に引き続きワークショップ用の
作品についても もう少し詰めたいと考えていましたが...
以外と時間がなくあまり完成まで至らず。
縫いぐるみやブックカバーを中心に
いくつかの作品ができました。
男性陣が意外に上手にミシンを
使いこなしていたのが印象的でした。
もう少し袋物や大きなものが
あってもよかったかも。
book.jpg
book2.jpg
book3.jpg
book.jpg
nuigu.jpg
nuigu2.jpg
neko.jpg


次回ゼミと分科会のミーティングにて
実際の商品と作製手順等を
決定する予定です。
posted by GUEST at 23:15| 出店部 | 更新情報をチェックする

第2回 ハギレを使った試作会

開催日時 7月24日(土) 13:00〜15:00
場所   錦二丁目 まちの会所
参加者  10名

今回は 前回 小さな作品が多かったということで、なるべく大きなものでということと、主にワークショップで作れるものということを頭におきつつそれぞれが思い思いに試作品を作りました。
委員長が 被り物系にこだわって 頭に一生懸命、布を被っていた姿が印象的でした。

前回と同じく ハギレの山を前にして あーでもないこーでもないと布と格闘しているうちに、あっという間に時間がたってしまいました。

その中から 今回 ワークショップで作ってもらえるんじゃないかというものについて
候補を絞りました。(雰囲気としては 写真のような感じ)

@ 事前に用意した紙バッグに 好きな布を自由な発想で貼ってもらう。
・紙バッグは新聞紙を使って、事前にゼミ生で作る。(5分から10分程度で出来る)現時点では 50個程度を考えている。足り  
なくなったら 当日作ればよい。
・新聞は英字新聞など外国語の新聞を使う。(調達方法は 知り合いなどに古新聞をもらったりなど)
(オシャレさと記事の内容を意識しにくさを狙って。できたら古めの新聞がよい)
・当日 お客さんが作業しやすいように ハギレを 丸やひも状の形にきっておいたり、裏に両面テープをつけておくなどある  
程度は準備しておく。
・事前に サンプル品などを作る。
A布マグネット
・マグネットシートに事前に布地を貼り付けておき、好きな形に切ったり、その上に好きな布を貼ってもらったりして、オリジナルのマグネットを作ってもらう。
Bうちわに自由に布を貼ってもらう。
・季節はずれなので 少し少なめに。30枚?
・事前に要らないうちわや無料のうちわを事前にゼミメンバー等で集めておく。

その他
・作業については 椅子なしの状態でやってもらう方向で
・大体 すべて100円程度
・布に両面テープを貼った 布テープなどは売り物としても売れるのでは?

次回の試作会については できたらミシンのある場所で、主に 販売品についての
試作会としたい。
具体的な情報について 後日告知します。
(恐らく この 2,3週間の間くらいの土日で実施予定)
bag.jpg
uchiwa.jpg
magnet.jpg
posted by GUEST at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店部 | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

第1回 ハギレを使った試作会

出店準備隊では出店にむけて
試作会を下記の通り開催いたしました。

日時 6月20日(日) 17:00〜20:00(頃)
参加者 6名

開催場所は 名古屋市内某所(というか
私の自宅を開放して実施しました)
今回は 夕飯時ということもあって、
まずはそれぞれが持寄った食料で腹ごしらえ
隣の茶の間は作業場状態になっているので、
台所の机の周りに立ったままで。
ある意味 立食パーティ?

そしてこのままダラダラと続いくかに
思えた立食パーティも1時間ほどで
切り上げてそれぞれ自分のインスピレーションの
まま作品を作りました。

思に着物のハギレが多かったので
どうなることかと思いましたが
以外にまとまった感じの作品たち
が出来上がりました。

基本は木工用ボンドやで貼り付けたり
裂いたり結んだりすることで
作りました。

実際に自由に手を動かしていると
さまざまな考えが浮かんできます。

以下が出来上がった作品たち。
848665017_217s.jpg848665017_59s.jpg
posted by GUEST at 00:00| Comment(0) | 出店部 | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

第1回出店準備隊 ミーティング

下記の日程で分科会の初のミーティングを実施しました。
5月26日(水) 19時〜21時 
TIGER CAFE 伏見店
参加者 :5名

@出店準備グループの責任(作業)範囲の確認
 ・基本的にはハギレをどのように使うかの具体的なアイデア出しや ゼミへの提案
 ・ハギレを利用する際の作業手順の話し合い。
 ・ハギレを利用する上で出てくる問題解決に向けての話し合い。
 ・試作品の作成
 ・実際の出店申し込みや事務的な部分は事務局チームを
  別に作ってもらいそちらで取りまとめてもらう。

A現時点での懸案事項など
 ・布類や綿など材料をどのようにして洗浄・消毒するか?
 
B現時点で決まったこと
 ・完成品を作って売るよりは、来た人に完成させてもらう形にする。
  材料や元となるものを準備する。
 ・材料費カバーできる価格をつける。
 ・一度試作してみる。その上で、実際やってみてどうなのか考える。
  6月3週目の土日あたりを予定。場所は メンバー宅。
  他のゼミ生も参加可能。告知した上で 日程を調整。
  このときまでに おおよそのアイデアをmixiなどで提案してみる。
 ・あまり素材を選ばないもので、簡単にできるものを考える。
 ・ノボリや旗のようなものは用意したい。(ロゴをつけて)
 
C今後決めるべきこと。
 ・何ブース必要なのか?
 ・道具や仕入れは何が必要なのか?
 ・どの程度用意するのか?
 ・最終的にどのようにロゴをつけるのか
 
C今後のスケジュール
  6月3週目  試作会
      このときまでに布の洗浄(消毒)について各自のできる
        範囲で考えてくる
      新しいアイデアがあればmixiなどで事前に提案してみる
  8月20日以降  実作業
posted by GUEST at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店部 | 更新情報をチェックする

出店隊って?

ゑびす祭り当日はゼミとしてブースを借りることになっています。
そのブースで 何か長者町(ゼミ)らしいものをということで、
繊維の町らしく ハギレを使って何か出店することが決まっています。
こちらの分科会では
どんなものを?どのように?
実際の作業や手順の他に、どんな懸案事項があるか
など 主にハギレを使った
出店に関しての詳細を詰めて行く予定です。

ミーティング以外に作品の試作会なども実施しています。
posted by GUEST at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店部 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。