2010年09月24日

長者町ゼミとは

始まりは授業から

2009年11月に長者町をフィールドとした大ナゴヤ大学の授業が行われました。授業終了後も熱気が冷めやらず、授業の感想を書き込むページに書き込みが殺到。その盛り上がりを受けて、ゼミとしての活動が始まりました。

街にもいろんな顔/subjects/detail/24



定例会議

2009年12月のキックオフ会議後、月1回の定例会議を持ち、2時間程度の話し合い、及び懇親会を行ってきました。毎回15名程が参加しています。議事録はネット上にアップして参加できなかったゼミ生も進捗状況が把握できるように努めています。基本的には「リアルな繋がり」を目指しているため、物事の決定は定例会議や分科会で実際に顔を合わせて行うことにしています。



町の人との会合

2009年2月初旬、長者町通の「錦二丁目まちの会所」にて長者町の方々との会合を持ちました。長者町関係者6名にご参加いただき、長者町の四方山話を伺ったり、ゼミが今後長者町に対してどう関わっていけるのか、等を話し合ったりしました。この後『大ナゴヤ大学・長者町ゼミ』が長者町の人々に徐々に認知されて行くことになります。



ゼミの立ち位置

今後ゼミが町に対してどのような立場で活動していくのか、ということをはっきりさせようということで、「長者町がなんとなく気になる人々が勝手に長者町を応援する『長者町ファン』」とする事で一致しました。入念な話し合いを重ねた上で、その立場を表したキャッチフレーズ「『スキ』」のある町長者町を応援します」を決め、ゼミのロゴマークも作成しました。



ゑびす祭り

ゼミの最初の目標は2010年10月下旬に行なわれた「長者町ゑびす祭」へ出店することでした。もともと大ナゴヤ大学の授業内で「どんな形で参加したいか」を話し合う課題があり、それを具現化したのです。


「ギネスに挑戦」「大ナゴヤ大学物産展」などの案も出ましたが、長者町=繊維問屋街らしさを追求し、「ハギレ」を活用してワークショップや商品の販売を行うことになりました。この活動に使用するハギレは長者町の業者さんからご提供いただいています。


また、ゑびす祭を訪れたお客さんたちに自分たち独自の長者町案内を行うべく、ガイドツアー用のマップを作成しました。


ゑびす祭当日の様子はブログ記事「愛ある仕事」をご覧ください。



ゼミの顔ぶれ

大ナゴヤ大学の授業はもとより、あいちトリエンナーレ・サポーターズクラブのイベント等に足繁く出没するゼミ生による、ゼミへのゲリラ勧誘が頻繁に行われ、メンバーは着実に増えてきました。普段は忙しくて参加できない人も、分科会などにふと顔を出して作業を手伝ってくれたりしています。また、勧誘によって途中から参加した中からも積極的に運営に関わる人が出始め、余すところなく力を発揮しています。


ゼミ生の年齢層は10代〜60代と幅広く、デザイナー・建築家・SE・CADオペレータなど、職業も様々。転勤で姉妹校へ「転校」して行った方もおり、居住地も様々。それぞれの得意分野を生かして活躍しています。



長者町ぶらぶら企画(ぶら長者)

途中から参加したメンバーが増えてきたため、身内向けに長者町を散策するツアーを何度か行いました。初めはアカデミックな案内が主流でしたが、いつしか、分科会で集まったのに、本題に入る前になんとなく散策が始まってしまい、図らずして「プチ・ぶら長者」に突入することもしばしば。また、ゼミ生以外の知人に長者町案内を行う者も出てきました。2011年10月初旬に行われるゼミ生主催の大ナゴヤ大学授業でも、それらの者が率先して案内を行い、それぞれの案内者による異なる目線での案内をお楽しみいただきました。


正規ぶら長者、及びプチ・ぶら長者、一人ぶら長者のレポートが当ブログ内の下記ページに掲載されています。
http://csemi.seesaa.net/category/8501816-1.html



長者町ゼミの今後

ゑびす祭り参加以外にも活動の幅を広げています。


当ゼミには、趣旨にご賛同いただき、参加者と協調・協働できる方ならどなたでも参加可能です。興味のある方は、参加の方法などの詳細について、ゼミ主催のイベントや長者町での催しなどにご参加いただいた際に直接ゼミ生にお問い合わせください。


また、月に一度はゼミの定例会議を、不定期に分科会などの会合を行っております。活動の様子をご覧になりたい方は、お気軽に飛び入り参加ください。



【注意】長者町ゼミはあくまで任意団体としての活動となります。管理・運営や責任等において大ナゴヤ大学と直接の関係はありませんのでご注意ください。

posted by csemi at 14:29| 長者町ゼミとは | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。