2013年02月13日

長者町征服計画:秋田県横手市八幡長者町

久しぶりに長者町征服に行って参りました。ただし、わざわざ行った訳じゃありませんよ。たまたま長者町の近くに用事があったからついでに行ってきただけです。と、敢えて前置きをしなければ恥ずかしくなるほど!未だかつてない、「何もない」長者町でしたっ!

今回行ったのは、秋田県横手市八幡長者町。google mapで見ると、300メートル足らずのごく狭い区画です。大きな工場1件と、住宅が十数件、そして何もない空き地があるのみ。

yokote01.jpg

行ってみると!コーポと新築住宅しかありません!しかも雪に埋もれています!通行人もいません!

yokote02.jpg

かろうじて、地図に記載のある「メゾン・オオミ」は確認できました。

yokote03.jpg

しかし、いつも皆が見つけては一喜一憂する、電信柱の町名表記すらありません!

実は、あまりにも何もないことは、「現地特派員」が調査済み。横手市の隣の湯沢市にお住まいの筆者の知人Tご夫妻が、何かのついでに(もしくはわざわざ)事前調査してくださっていたのです。この地点が「長者町」であるということは、コーポの住人の郵便物の住所をこっそり見て確認済みだそうです。が。さすがにそういったものを証拠物件として採取するのは気が引けたので、たまたまコーポに帰宅された女性を捕まえて「ココは長者町で間違いないですか」と証言を取りました。

yokote04.jpg

ハナシには聞いていたものの、あまりの「何も無さ」に落胆する筆者。そこへTさんが取り出したのは、事前に準備しておいた手書きボード!なんたる準備の良さ!名古屋長者町繊維卸会館の旗とともに、証拠写真を撮影して頂きました!

あ、長者バタが裏返ってますね。しつれいっ(^_^;)

いちおう、カーナビ画面も撮影しておきました。

yokote05.jpg

さて、本来の予定のために長者町を離れたワレワレ一行。車の中で、T奥様がおっしゃるには。

「小学校で『長者の山』という民謡を謡いました」

なんでも、秋田県民なら誰でも知っているくらい有名な歌なのだとか!



そういえば、「長者」と付く地名が最も多いのが秋田県。ワレワレの作った長者町制服計画地図に記載しているだけでも19箇所あります。多いのは「長者屋敷」と「長者森」。これらもいずれ、つぶさに踏査せねばなりません!!

yokote12.jpg

というハナシをT夫妻にすると、秋田にやたらと「長者」地名が多いのは「『長者』の認識レベルが他より低いのかも知れないなぁ」とのことでした。「このくらいなら長者って言ってもいっか!」と、ちょっと裕福であれば軽々しく「長者」を名乗ってしまったのかも!ホントの長者がどんなものか知らない、井の中の蛙だったのだよ!との一地元民の見解でした(^_^;)

さて、まだまだこの続きがありました。後日、ワレワレは別の用事のために秋田市に移動しました。割りとヒマな時間があったので、それぞれ市内を勝手にプラプラしていました。すると、同じく県外から来ていた友人ワラワラが、近くの土産物店で「長者の山」なる菓子を見つけた、というのです!

我がゼミのブログライター・もーちゃに愛知県の珍スポット「五色園」を案内してもらって以来、何かとゼミに有用な情報をもたらしてくれるようになっていたワラワラは、なんと証拠写真まで撮ってきてくれました。

しかし!実物を買って帰って自慢したい!買いに行く時間はあるか?あるか?
寸の間を見計らって土産物店に走りました!アリました!

yokote06.jpg

ハコのウラには、なんと民謡「長者の山」の歌詞、その謂れまで記載されています。ぅぅぅ。思わぬ収穫!

yokote07.jpg

ウチに帰って食べてみました。小豆の寒天寄せみたいなお菓子で、中にお餅が入っています。1つは予約済みなので、筆者の独断による人選で先着4名に差し上げますよ!

yokote08.jpg

ちなみに、長者町征服後に訪れたのは湯沢市の犬っこ祭。狛犬のように対になった犬っこ(阿吽になっています)とお社の雪像がセットになったものが会場に建ち並びます。秋田っぽい食物の屋台もたくさんあって楽しいですよ。花火の打ち上げもありました。

下の写真は、今回案内して下さったTさんがお勤めの会社が出品した作品。LEDを扱う会社なので、お社にピカピカと青色LEDが瞬いていましたが(ストロボ焚いたので、写ってません)「あんなチンケなLEDなら飾らないほうがマシ」と、始終ぼやいていました。

yokote09.jpg

ところで、google mapの横手市長者町内にひときわ大きく掲載されている「株式会社ファーストカスタム 」とは、一体何の会社なのか、気になったので調べてみました。なんと、キャンピングカーを作っている会社の本社及び工場のようです。そういえば、知り合いの秋田のタレントさんが「キャンピングカーのイベントに呼ばれて行ったことがある」とおっしゃっていました。コチラの会社の主催イベントだったのかもしれません。

コーポの住民が長者町の町名由来をご存知のはずもなく、今回は「切り込み」はごく浅めに済ませてしまったのですが、ひょっとしてコチラの工場の方とお話できたらもう少しマシなレポートが書けたかもしれません。後日の調査に委ねましょう。

<カメ>



posted by csemi at 14:58| ブラ長者 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。