2012年08月20日

ブラ長者★岬町の巻★

こんにちは!もーちゃです。
お盆休みは、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか?

お盆休みにも全国の長者町を探検しているゼミ生たち。もーちゃもご多分にもれず「2長者」を制覇したのですが、その様子はおいおい、ということで、今日は引き続き「第一次遠征」・4つめの「長者町」千葉県のいすみ市岬町の報告をいたします。

7/15 チェックイン時間(23時)ギリギリに内房の宿屋にたどり着いた隊員達。
翌16日も、各自朝食をとったあと7時にロビー集合!!と、この日も強行軍なのでした。

内房から、外房へ。早朝ののどかな房総半島の景色を堪能しながらのドライブ。
そろそろ岬町につくかなあ〜と思っていた隊員達の目の前に「長者」の文字が飛び込んできました!

misaki1

長者踏切!!!もう、一同大興奮。車の中は大騒ぎ。

はやる気持ちを抑え、まずはとにかく「長者町駅」へ。

misaki2

駅舎もなかなかいい感じ。隊員達も思い思いに駅構内やホームを散策。

記念スタンプがないかな?と期待していたもーちゃ。残念ながらスタンプはなかったのですが、変わりに「乗車証明書」をGET! 委託の駅員さんがいるものの基本は無人駅なので、バスの整理券よろしく下りる時に精算するため、どこの駅から乗ったのかを証明する札をとってから列車に乗り込むのです。
もちろん「長者町駅」の記載アリ♪ なにげに発券機のボタンを押したYちのお手柄。

misaki3

随分と駅でまったり散策したあと、まちに繰り出す事にした隊員たち。
駅に行く途中、車窓からみて通り過ぎた、長者踏切と、気になるお菓子屋さんを見ようとスタスタ歩き出した探検部・Tリーダーともーちゃ。

misaki4

一方、他の隊員達は、岬町リサーチ担当T女史先導のもと、長者町小学校に向かって散策開始。

misaki5

途中、こんなものもあったらしいです。

misaki6

T女史部隊が、途中道を尋ねた洋品店で
「昔、名古屋の長者町から行商に来ていて、布を仕入れたことがある」
という、岬町と名古屋の長者町のつながりを発見して大興奮していた頃、もーちゃ達もものすごい情報を手にしていたのです。

misaki7

それは、気になっていたお菓子屋さんでのこと。

年季の入った店内にはいると、「いすみ長者」の文字がはいったおせんべい発見!
やった〜長者町土産GET!ということで、購入しながら奥様に「名古屋の長者町からきた」ことを話し、「岬町長者」のお話を聞こうとしたところ、あわてて奥様はご主人を呼びに走ったのでした。


岬の長者町は江戸時代、徳川幕府の大名から拝領された土地で、その使えていた大名の屋敷が長者町にあったことからなまえをいただいたそう。なんと!このあと行く、上野の長者町と岬の長者町がつながったのです!

房総東往還の宿場町としてもっとも栄えていた18世紀中葉頃は、木更津、東金と 並んで、上総3町と謳われていたという長者町。

(江戸以降、長者町のなまえは消えたり、復活したりしていたようです)

昭和36年、町村合併により岬町となり、「岬町長者町」だと、町が並ぶからという理由でついに「長者町」の名が消え、現在の「岬町長者」という住所になったそうです。

「こういった話が出来る人が、だんだん減ってきているから・・・」

というご主人。大変歴史がお好きなようで、長者町と歴史の話をたくさんしてくださいました。

話はつきねど、何度も別部隊からの呼び出し電話がはいり、お礼をいってお店を後にし、車で合流地点の小学校に向かったもーちゃ達。

misaki8

小学校の門構えもいい感じ!
イマドキの小学校では珍しく、中に入ることもできたので、こんなものも画像に収めることができました。

misaki9

長者小学校校歌! 歌詞の中にも「長者」の文字が!この歌、聞いてみたい♪

こうして大収穫の岬町長者をあとにした隊員達。
途中、立ち寄った道の駅では、こんな碑も発見!

misaki11

林芙美子さんの放浪記に長者町が出てくる??
もーちゃ、家に帰って見てみたら、ホント、本文に「長者町」の文字が。全然気がつかなかった!

そして。これが長者土産・音羽煎餅!

misaki10

横の割れたのは、道中みんなでおやつに食べる用に、奥様がサービスしてくださったものです。

岬町長者のみなさん、お騒がせいたしました。
そして、隊員達は、この遠征最期の地、上野の旧長者町に向ったのでした。
(上野の巻に続く・・・)

<文責:もーにんぐちゃいるど>




















posted by csemi at 10:51| ブラ長者 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。