2012年06月10日

ブラ長者 ★福山編★

ゼミブログ初登場のたにです。

わたしたち長者町ゼミは名古屋の長者町を中心に活動しています。
この「長者町」という地名の由来にはいろいろな説があるそうですが、
本当のところはよくわかっていないようです。

そしてこの長者町という名は、現在地名としては残っていません。
名古屋の消えてしまった地名のひとつです。

しかし、日本全国には多くの長者町があるようで、
長者町を冠するわたしたちゼミにとって、全国の長者町を巡れることができ、
そして全国の長者町を知ることができたら、こんなおもしろいことはないと思いました。
そして全国長者町協会発足なんて、冗談のような本気のような妄想がまた広がっているのです。

もうすでに、二つの長者町のレポートがされています。
ブラ長者 ★岐阜の巻★
ブラ長者 ★福岡編!?+オマケ★

岐阜へは、ゼミ生の何人かで訪れ、福岡にはもーちゃが一人で訪れています。
そして私はGWに広島県福山市にある長者町へ行ってきました。

実は全国にある長者町という地名を探しているとき、
広島県の福山市にも長者町があることを知りました。
なんと!福山には97歳になるわたしの旦那さんのおばあちゃんが
住んでいてそのおうちが長者町ととっても近くだったのです!

とは言え、わたしの旦那さんのおばあちゃんなので、
今まで一度しか会ったことがありません。
しかし、長者町へ行くために手段は選んでいられません。
旦那さんとその両親を焚き付け、長者町へ行きたいという本音を隠しつつ、
高齢なおばあちゃんへのご機嫌うかがいという建前を見事に駆使し、
福山への家族旅行という大義名分を勝ち取ったのです。


出発前に福山の長者町のリサーチ。
気になる一軒のレストランを発見。

長者カフェ

どうやらこのカフェのオーナーシェフ・喜多村さんという方は、
自分が生まれ育った長者町が大好きで、長者町の良さを知ってもらうため
お店の名前にも『長者』をつけているらしいのです。

是非会ってみたいと思い、福山へ着くやいなや
(その前にちゃんとおばあちゃんにも会いました)
家族を引き連れて長者カフェを訪れました。

chojamachi_fukuyama_chojacaff.jpg
   (長者カフェ)

喜多村さん、忙しいにもかかわらず厨房から出てきてくださって、お話を
することができました。

わたしたち長者町ゼミが自分たちでマップを作っていることにも驚いた様子。
名古屋と福山は遠く、なかなか行き来することは難しいかもしれないけれど
今後、お互いの町の情報交換ができたらいいですね、なんてことを話ながら、
長者カフェ自慢の釜飯をいただきました。
瀬戸内海でとれた地元の食材などをつかったメニューでとてもおいしかったです。

お店を後にする際、長者町ゼミの手ぬぐい(自腹)と長者町マップをプレゼントしました。


一夜明けて、いよいよ福山の長者町を歩くことに。
しかし他の家族はなんの興味もないため、一人で福山ブラ長者です。

おばあちゃんの家から、徒歩10分ほどで長者町に着きました。

iPhone片手に長者町を探すも、やはり長者町を実際に訪れたという物証がほしい。
そう、おきまりの電柱。

chojamachi_hukushima_dennchu.jpg
   (長者町にある電柱)

さっそく電柱にカメラを向けていたら、その前のお宅の二階から女性の声が。
「なんで、そんなもん撮っとるの?」
(↑本当は福山弁ですが、脳内で名古屋弁に変換されてしまいました・・・)

「名古屋の長者町から来ました。」と答えると、そのおばちゃん、それならここも
長者町だから案内してあげる、と、それまで行っていた布団たたきをわざわざ中断、
大急ぎで出てきてくれ、長者町を案内してくださることに。

そのおばちゃんの名は、小林さん。
小林さんによると、福山城の城下町である福山市は、戦争でお城も町も
焼けてしまったにも関わらず、ここ長者町はたまたま戦災を逃れたとのこと。
そのため、道幅も当時のまま。
江戸時代に建てられた家も数軒残っていたりと、
古い町並みの名残を感じることができるのだそうです。

おしゃべりをしながら少し歩いたところで、庭先の花に水をやっているおじさんに出会います。
おじいさんの代から長者町に暮らす、藤江さんです。
この藤江さんのお宅は築100年になる家で、長者町地区でも最も古い家の一軒だそう。

chojamachi_fukuyama_fujiesann01.jpg

なんと快く家にまで上げていただき、立派な家の中を見せていただきました。

chojamachi_fukuyama_fujiesann02.jpg

藤江さんのおうちはもともと酒屋さんだったそうで、
家の庭からでてきたという、徳利も見せていただきました。

chojamachi_fukuyama_tsubo.jpg

ここでも名古屋と福山の長者町の話で盛り上がりました。


その後、町の真ん中にある荒神社へ。子供会寄贈の狛犬もありました。

chojamachi_koujinsya_torii.jpg

chojamachi_fukuyama_komainu.jpg

でも、現在は福山の長者町には子供がいないらしいです。
小林さんも、若い人たちがみんな町の外に出て行ってしまうのがさみしいとおっしゃっていました。

突然の訪問にもかかわらず、親切に町を案内してくださった小林さんにも、
ゼミ手ぬぐい(自腹)と長者町マップをプレゼント。

200〜300mの通りを一時間以上をかけてのブラ長者。

chojamachi_fukuyama_saigo.jpg

とても充実したひとときでした。
福山の長者町で出会った人はみなさんとても親切でいい人ばかり。

そしてまた一つ、全国長者町制覇へ近づきました。

次はどの「長者町」を訪れようかと、ひそかに計画中・・・。

              <文責 谷 亜由子>
posted by csemi at 15:26| ブラ長者 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。