2010年10月25日

愛ある仕事

ゼミ生のこの一年の目標である「えびす祭り」が無事に終了しました。

大ナゴヤ大学の授業で昨年のえびす祭りを見て「自分たちも『えびす祭り』に出店したい!!」と盛り上がったメンバーが作ったこの長者町ゼミ。
発足当初からのメンバーの方にとってはひときわ感慨深いものだったでしょう。


はじめて「えびす祭り」をみたもーちゃですが、その大盛況ぶりに圧倒されました。
その様子を本来であればここにレポートしたいところなんですが、あまりに夢中で呼び込みやツアーガイドなどなどをしていたので、画像がとれなかったのです・・・。
また他の誰かがレポートしてくれることを祈りつつ、今日は「愛のある仕事」について書いてみたいと思います。


もーちゃは、8年前会社を退職し、自転車で一年ほど日本ブラブラ旅にでていたという過去を持ちます。
いろんな土地で、いろんなお店や観光施設を訪れたのですが、そのとき強く思ったのが「愛のある仕事」です。

自分の住んでいる町や仕事を愛し、誇りに思っている方が応対してくださると、何てことのないものでもとてもステキに思えたものです。その方とお話したほんの少しの時間が、とても幸せに感じ、ああ、この町に来て良かったな〜と。

さて、私たちのブースに訪れたお客様・ツアーに参加下さったお客様はどのように感じられたでしょうか??

P1020104.JPG

この数ヶ月、お祭り出店にむけていろんなことをしてきました。
出店商品にも貼れるロゴ(&コンセプト)作成、出店する商品の試作・選定、そして作成。
MAP作りにガイドの練習(?)。

年齢もバラバラ、それぞれ仕事も家庭事情も異なるメンバーが、自分のできる時間・できる範囲で会議や分科会に出席してアイデアを出し合ったり、また、家でも出店用の作品を内職して作ったり。

当日も参加できるメンバーは朝はやくから準備。POPをつける位置ひとつでも、ここがいい、こっちかな?と悩みながら。

P1020143.JPG

両日でのべ20名近くのゼミ生が参加して、呼び込みや接客、追加の商品作りにガイド・・・。
MAPも商品もみんな自分たちで作り上げたものだったので、思い入れもひとしお。
自然に力が入ります。

P1020151.JPG

おかげさまで、製作した商品は完売、ワークショップも大盛況。
短い時間&大混雑の中でのガイドツアーも喜んでいただけたようでなによりでした。



大成功の要因は、おそらく「そこに愛があったから」だともーちゃは思います。


長者町に来て下さってうれしい!!買って下さりうれしい!!!ワークショップやガイドに参加して下さりうれしい!!
そして何より、喜んでくださる顔がみられてうれしい!!


手前味噌ではありますが、そんな思いがちゃんとお客様に伝わったのではないでしょうか。



さて、ゼミの活動も一区切り。
しばし余韻を楽しんだら、また次の活動に向けて始動・・・ですか?

                                    <文責:もーにんぐちゃいるど>









posted by csemi at 14:50| 長者町関連イベント | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。